「ほっ」と。キャンペーン

フィットネスインストラクター・トレーナーのキャリアマガジンNEXT編集長  岩井智子の日記


by fitnessbusiness
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ:取材日記( 31 )

d0117634_21174086.jpg
 今日は、NEXTの入稿日。9月25日発行号のNEXTの特集は「社会貢献、はじめの一歩」。チャリティやサークル、その他の機会を活用して、地域振興や、地域の福祉・教育などに携わっているインストラクターの方々にお話をお伺いしました。
 
 この特集をするきっかけとなったのが、富山をはじめ北陸で活躍されていて、当社のイタリアンウェアのモデルもしていただいている島田厚さんがチャリティイベントをしたことを、エイムの吉田社長から当社の古屋が聞いてきて、素晴らしい活動だなと思い、紹介したくなったのでした。(島田さんのブログより

 取材をしていくと、チャリティやサークル、エコ活動など、自分ができることから、こつこつと活動している人が数多くいることが分かりました。素晴らしいことをしている人ほど、あまり表に出ようとしないからなのでしょう。「いい話」がたくさん、あちこちに埋もれていました。
 9月号でご紹介できるのも、その一握りの取り組みですが、インストラクターさんの影響力は多大なるものがあります。レッスンで多くの人に何かを伝えられて、その参加者一人ひとりが気持ちを動かされて、それを行動に移したら、その小さな働きかけの波動は果てしなく広がっていくと思います。

 インストラクターの小さな一歩が、人々を、社会を変える。改めてインストラクターというのは凄い仕事だなと思いました。
 
[PR]
by fitnessbusiness | 2008-09-16 21:06 | 取材日記
に参加してきました。週明けNEXTの入稿があるので、一足先にラスベガスを後にして、只今ロサンジェルスの空港で久々のブログ更新です。

 今回私は、プレコンベンションから参加。プレコンベンションはフィットネスディレクター向けのセッションでしたが、「どのように全体のフィットネスプログラムの価値を高めるか」「限られた予算の中で、新しいプログラムやエクイップメントを導入する方法」「パーソナルトレーニングのビジネスモデル」といったセミナーがあり、運営面のトレンドを垣間見ることができました。

 アメリカでは、フィットネスの参加率が15%を超え、フィットネスクラブも競合が激しくなり、業態の多様化が進んできました。そしてここにきて、プログラムでの差別化も本格的に始まっています。そのひとつの例が小規模のジム・スタジオタイプのジムで、プログラムのクオリティを高めた「ブティッククラブ」と呼ばれるもの。ここでは、「ハイブリッドプロフェッショナル」と呼ばれる、グループの指導もパーソナルの指導もできる人が活躍しています。クラブの収益としては会費収入が主なので、このハイブリッドプロフェッショナルは、その会員維持に有効なグループエクササイズも担当しながら、パーソナル指導で会費外収入も高められる。本人も、グループエクササイズとパーソナルを両方担当することで、自身の収入を効率的効果的に高められるわけです。こうしたプロフェッショナルは知識や指導技術も高いので、グループレッスンもパーソナルレッスンも高いクオリティが提供できて、クラブは会費もパーソナル指導料も高く設定ができることになる。こうしてクラブもプロフェッショナルもメンバーもハッピーなブティッククラブができると。

 プレコンベンションで感じたのは、米国のインストラクターはどうしたら自らのフィーや地位を高められるかを考えて、自分たちで環境をつくろうとしていること。そのために市場にはどんなニーズがあるのか、経営者は何を考えているのか、といったことを考えながら自らのアプローチを考え、実践しています。とても逞しいなと思いました。
 反対に何も考えずに仕事をしている人を指す「ホビーインストラクター」という言葉もあるようです。日本でもインストラクター・トレーナーの域を超える「プロフェッショナル」が一人でも多く誕生することに、NEXTができることを考えて実行していきたいと思います。
[PR]
by fitnessbusiness | 2008-07-12 04:28 | 取材日記
d0117634_22471774.jpg
話題のイタリアンフィットネスウェアの新作が入荷しました。

今日は、その撮影がありました。
前回に引き続き、たかはしごうさん、島田厚さん、石河知可子さん、田辺その美さんにモデルとしてご協力いただきましたが、みなさん楽しく、格好良くポーズととってくれるので、私たちとしてはホント助かります。カメラマンさんの増田さんも前回同様。何となくチームワークも出来てきたような。イメージカットと商品カット。着替えてはポーズ、着替えてはポーズ・・という感じですが、気持ちよく協力してくださり、心より感謝です。NEXTの7月25日発行号に掲載&本格発売開始になります。

今回のめだまは、新作の評判がいいSIX FIT、前回1点ものが多かったのですが今回はしっかりご要望にお応えできそうなEKE、そしてそしてイタリアのフィットネスウェアではトップブランドの一つ、JTBも日本初上陸です。新作の多くはイタリアと同時発売!どうぞお楽しみに!
[PR]
by fitnessbusiness | 2008-06-12 22:47 | 取材日記
d0117634_18522463.jpg
先週末、フレックスクッションの生みの親、サンテプラスの坂田さんに取材しました。
取材場所は、フレックスクッションのアイデアが生まれた立教大学の相撲道場。フレックスクッションのあの微妙な角度は、土俵の円をつくっている俵の角度。立教大学相撲部時代にストレッチが苦手だった坂田さんは、楽しながら股割りの練習をしようと俵にお尻を乗せていたことが発想の発端。

そのフレックスクッションも、既に販売個数10,000個を超えたのだそうです!!スゴイ!。
ということで、次号のNEXTでは、このメイキング・オブ・フレックスクッション編を、ご紹介。起業にはそれぞれドラマがありますが、坂田さんのストーリーもとてもおもしろいです。ぜひ楽しみにしていてください。

お話を聞いていて、とても印象に残ったのが、坂田さんのモットーにしていらっしゃるという「まずアクション!そこから臨機応変に!」という言葉。私の場合もアクションが先行しがちで、後からつじつまを合わせていくタイプなのですが、坂田さんのお話を聞いていると、本当にアクションをとったところから、多くの出会いが生まれて、多くのヒントが得られて、それを力に成功に近づけてきたことが分かります。あと、そこにあるのは「気合い」とのこと。

新しい商品、新しいやり方で結果を出していかなければならない状況というのは、とても勇気が要りますが、坂田さんのお話に力づけられる人も多いのではないかと思います。上手くお伝えできるように、私も気合いを入れて記事を書きたいと思います。
[PR]
by fitnessbusiness | 2008-05-25 20:52 | 取材日記

楽喜楽喜な気

d0117634_1919133.jpg
先週末、楽喜楽喜フェスティバルにお邪魔しました。
本庄さんプロデュースのショーを見たのですが、すごい楽しかったです。
コンテンポラリーダンスからストリートダンス、ボディビルのポージング、空手、エアロビックダンスなどなど、様々なジャンルのショーが楽しめて、また登場人物が一流の人ばかり。それでいて、みんなしゃべりも上手くて、笑いもとる。一流の人っていうのは、こうなんだなぁと実感しました。そういう人たちが集まって、すごいいい気が流れている。その空間に一緒に居れたことがとてもありがたいなと感じました。

本庄さんは、ショーのプロデュースもして、ダンスの振り付けや、衣装もデザインしているはず。表現することをすごく自由に楽しんでいながら、ご自身でプロデュースされているブランドのマックスクライマックスのことを話すときは、すごく控えめ。もっと宣伝したらいいのに・・・と思うけど、宣伝しなくても、きっといいもの、美しいものに惹かれる人が自然に集まるのでしょう。

素敵なこと、美しいこと、強いこと、それをとことん追求することは、モノやお金以上の価値がある。それを実感できた週末となりました。

ショーの様子はこちらから
[PR]
by fitnessbusiness | 2008-04-30 19:15 | 取材日記

NEXT for BUSINESS

 NEXTが月刊化して、初の5月号が今日リリースされます。

 奇数月号のNEXTは「NEXT for BUSINESS」。インストラクター・トレーナーとして長く輝くためには、継続的に自分に投資していくことが必要。環境の変化に合わせて自分を進化させ続ける。そのためには原資が必要で、その元手を確保するためには、やっぱり適切に稼ぐこと・儲けることが重要だと思うのです。だから、「NEXT for BUSINESS」では、ここにこだわります。
 もっと言うと、儲けるためには、それだけの価値をお客様(メンバーさんや、契約しているクラブなど)に相応の価値を提供していくことが求められます。なので、どうすれば価値を創ったり、提供したりできたり、その価値を認めて貰うことができるのか。そうしたことを実例を踏まえて編集していきたいと思います。

 逆に、次号の偶数月号は、この仕事の楽しさや、人の役に立てること、自分が輝ける方法などなど。楽しくて、好きで始めた仕事を、もっと楽しめる内容にできたらと思っています。

 新しくなった月刊NEXTで、これからも多くの素敵なインストラクター・トレーナーの方々を紹介していきたいと思います。
[PR]
by fitnessbusiness | 2008-04-25 11:25 | 取材日記

インターネットマシン

d0117634_15145031.jpg

今話題のインターネットマシンを購入しました。今日はこれから大阪出張。早速これを使ってブログ書いています。

使い心地は、やはりキーボードがあるので入力がかなり楽。ただPCに比べると通信速度が遅めなので、時間を有効に使うためにはひと工夫と慣れが必要かも。でも逆にメールのチェックはPCのように電源を入れて立ち上がりを待つ必要なくPCメールもチェックできるので、ちょっとした待ち時間が活用できてとても便利です。

ワンセグもついているので、気になるニュースやスポーツもすぐにチェックできるし。便利な世の中になったものです。

と言ってるうちに、もう名古屋?!。ブログひとつ書くにはちょっと時間かかりすぎ。使い方考えないと。。。
[PR]
by fitnessbusiness | 2008-04-21 15:18 | 取材日記
かなりブログをご無沙汰してしましました、月刊NEXT編集長の岩井です。

NEXTが月刊化して、以前より2倍の速さで生活している、すなわち2倍の速さで歳をとっている気分です。今2冊の本を読んでいますが、まさにこんな私にピッタリ。ご紹介しておきます。

■効率が10倍アップする新・知的生産術~自分をグーグル化する方法
勝間和代さん著 ダイヤモンド社刊

勝間さんは、3人の娘さんを育てながらビジネスでも大活躍されているうえに、最近すごいたくさん本も書かれているまさにスーパーウーマン。身体のケアもばっちりされていて、以前はフィットネスクラブにも通われていたことがきっかけで、以前書かれた本の中にフィットネスオンラインを紹介してくださったのでした。でも今回の本ではフィットネスも進化されていて、自転車に各種ギアを装着して、仕事での移動もエクササイズを兼ねて自転車にしているのだそうです。スゴすぎ。1冊読んでも、自分でできることはいくつかなのですが、とても具体的で刺激になる内容です。

■50歳からのパワフル、ヘルシー、セクシー 若返る女性
クリス・クロウリー&ヘンリー・ロッジ著 株式会社エクスナレッジ刊

先日、ブラボーグループのジョン・ボードマンさんにいただいた一冊。フィットネスをする意味が芯から分かる一冊なのだそうです。男性版も出ていて、当社の『フィットネスビジネス』編集長が最近エクササイズですっきり若返ったのは、これを読んだせいでしょうか。ここのところ忙しさにかまけてエクササイズもさぼりがち。本書を読んで、またモチベーションを取り戻したいと思います。
[PR]
by fitnessbusiness | 2008-04-04 18:53 | 取材日記

サンディエゴの空港にて

参加者の方々に今回も「過酷」と言われてしまった視察ツアーも、一とおりの行程を終えて、只今サンディエゴの空港にいます。

今回のツアーもとてもおもしろかったです。アメリカは来るたびに新しい動きがあり、流石だなぁと思います。発想が豊かですぐにそれを形にしてみる。これが業界が発展する要因のひとつなのだと思います。

今回学んだクラブ業界の新しいトレンドに「キークラブ」というのがあります。これは最近フランチャイズで急成長している小規模業態を指すのですが、こうしたクラブは、セルフサービスでメンバー自身がカードで扉にあるカードリーダーでチェックインして、自分でエクササイズするというタイプのクラブ。24時間営業で夜間はスタッフもいなくて、監視カメラで安全性を確保するという運営なので、運営もカンタンなこともあり、急増しているとのこと。

こうしたクラブがお金や時間がない人を中心に取り込んでいる一方で、総合クラブは、より多彩なプログラムやサービスを用意して、初心者の方や社交を楽しむ層のお客様にアピールしています。昨日セミナーを聞いていておもしろかったのが、アクティブな層とアクティブでない層は20%と80%に分けられて、クラブメンバーになる可能性のある人は、この20%プラスαの人々。この他にメンバーにはならないものの、エクササイズプログラムには参加したいという層が20~30%あり、この方々を取り込むことで50%くらいまで参加率を高められる可能性があるというお話し。
確かにクラブメンバーには興味を持たなくても、プログラムには興味を持つという人は日本にもたくさんいそう。ここはまさしくインストラクターやトレーナーの出番。日本ではスクールや各種フィットネスプログラム、有料プログラムなどがこれにあたります。目的を明確にして、インストラクターやトレーナーが適切に導いてくれるプログラムは、フィットネス参加率を高める大きな可能性を秘めています。クラブに入会しなくても、プログラムにだけ繰り返し参加する人もいる。そういう人を増やしていくこともフィットネス人口の拡大に繋がるということを再確認できたことは今回のツアーの大きな収穫の一つとなりました。
[PR]
by fitnessbusiness | 2008-03-08 23:46 | 取材日記

東京マラソン

今回はいい天気でしたね。出場されたみなさん、結果はどうだったかな。
私は残念ながら今回は抽選にもれ出場できませんでしたが、また来年応募してみようと思います。明日はみんなからの結果報告が楽しみです。

さて、2月に入り、ブログの更新頻度が極度に減って反省しています。こういう忙しいときほど、いろいろな方にお会いして、いろいろ学ぶのでブログに書きたいことも多いのですが、どんどん時間が過ぎていき・・・。その分3月からのNEXTでは、しっかり最新情報お届けしていきたいと思います。いやぁ、ホント最近取材をすればするほど、フィットネスの仕事っておもしろくて、いろいろなところで必要とされていて、千載一遇のチャンスという感じ。ただ、期待されている今、それにしっかり応えていくことが必要で、勉強しなくちゃ、私ができることは、と身が引き締まります。

3月からのNEXTで、できる限り分かりやすく、新しい動きを紹介していきたいと思います。
[PR]
by fitnessbusiness | 2008-02-17 17:47 | 取材日記