フィットネスインストラクター・トレーナーのキャリアマガジンNEXT編集長  岩井智子の日記


by fitnessbusiness
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:プログラム体験記( 8 )

d0117634_20391535.jpg

こんばんは。夏じたくを始めて2ヶ月。1ヶ月を過ぎた頃から、身体が変わってきたなというのを実感してはいたのですが、鬼門だった米国出張も無事ふんばり、きちんと生活習慣守り続けられているので、そろそろ数値で成果を見てみようと、インボディ測定をしてみました。

するとビックリ。体脂肪が19%にまで落ちていた!右上の棒グラフのかわりよう。すごくないですか!? 筋量はそのままで脂肪だけが落ちて、3本の端を結ぶ線がななめの「筋肉質体型」から、逆くの字の「太りにくい理想の体」に見事に変わっているのが分かります。(上の赤い線が今回の測定結果。上から、体重、骨格筋量、脂肪量の順)

ですが、今回はまったくストレス感がなくここまで来れているのです。お酒も毎晩同じくらい飲んでますし、アメリカでも毎日ステーキ食べたし、お昼の定食はごはんもきちんと食べる。エクササイズもキツイと思うことはほとんどなく、1日1万歩歩いて、プッシュアップをできる回数したり、週代わりのプローンをしたり。あとは、パーソナルでついていただくときにするピラティスか。ま、ピラティスはきついですが、ハードなウェイトトレーニングに比べると、ピラティスのほうが好きなので頑張れる。あと、こっそり加圧再開したのも効いてるかも。

当初目標にしてた70日で5kgまで、あと10日。体重3kgが残っていますが、体型と体脂肪率が変わったのが何よりのモチベーション。できるところまで頑張ろうと思います。梅雨明けまでにノースリーブが着たい!と思って始めたシェイプアップ。実現できそうな気配です。本橋トレーナー、伊達先生に感謝、感謝。きちんと達成できた暁にはその姿を披露したいと思います。
[PR]
by fitnessbusiness | 2008-07-17 20:38 | プログラム体験記

おそるべし、YAMUNA

先日、YAMUNAを初めて体験しました。

これまで何度も取材をさせていただいていたのですが、なかなか自分で受ける機会がなく。今回こそは、と石川さんの特別の計らいでパーソナルセッションを受けさせていただきました。

YAMUNAは筋肉をパン生地のように、筋肉の起始から停止に向かって押し伸ばしていくもので、凝っている部分は、かなり痛気持ちいいのですが、終わるとほんとうに筋肉がふわふわ、柔らかくなるんです。今まで取材で見てきた方々が口をそろえて、「うわぁ、自分の身体じゃないみたい」と驚いていたのがホントにそのまま。私も「うわぁ、ホントだ」と、ひとしきり歩いたり鏡を見たり。

全身やった後に立って歩いてみると、足が床をしっかり押していて、身体が上に向かって伸びて、視線も変わってる。お尻の位置や肩の位置も自然なところに納まって、自分のエネルギーがまっすぐ上に向いていることが感じられます。

ホントに不思議な感覚です。最近は全国のクラブなどでも導入が始まっていますので、ぜひ機会があったら体験されるとおもしろいと思います。いつも石川さんにお世話になってるから宣伝しているわけでなく、ホントに不思議。これを開発したニューヨークのYAMUNAさん、そしてそれを日本に持ってきた石川さん、おそるべしです。
[PR]
by fitnessbusiness | 2008-06-11 20:40 | プログラム体験記
すごいスピードで夏支度が進んでいます。

本橋トレーナーが次々に美しさを手に入れる方法を紹介してくださって、今日は、伊達友美さんという最近おもしろい著書を何冊もかかれているダイエットカウンセラーのカウンセリングを直々に受けてきました。

今まで私は「これやれ」「あれやれ」と言われたほうが、エクササイズも頑張りやすいと思っていたのですが、今回は調子が違います。というのも、このお2人とも、すごく寛容に話を聞いてくださるのです。今日の食事カウンセリングも、絶対お酒のこと言われるんだろうな・・・と思っていたのですが、「一番好きなのはワインなんですね。へぇ、焼酎も飲まれるんですか。日本酒も。」と淡々と確認して。最高にありがたかったお言葉が、「お酒は心の栄養ですからね」、と。さらに「大丈夫ですよ。でもお酒は身体から水分をとるので、最後はお味噌汁かスープで締めてくださいね。」なんて、「ホントにいいの?」という感じ。おととい最後に飲んだオニオンスープも、恐る恐る記入していたのに、赤ペンで丸。

一方、本橋さんは、日々の宿題を報告すると、とても褒めてくれて。褒められることがこんなに嬉しいものだったのか、と再確認。大人になると褒められることが少なくなるから、その嬉しさも忘れちゃうんですね。嬉々として小学生のように頑張ってる自分がおもしろくもあります。

とはいえ、今日のトレーニングでは目標を再確認。お酒のことも伊達さんのやさしさに甘えて結局自分で決められず、宣言は延期。でもその分、その他のことはきちんとやろうという気持ちにさせてくれます。セッションの最後には、エクステのお勧めショップを教えてくださり、早速明日、髪の毛を切りに行く帰りに寄れるように予約をとりました。何だか今回は本当に美しくなれそうな。そう期待させてくれるプロたちに心より感謝です。
[PR]
by fitnessbusiness | 2008-05-16 19:29 | プログラム体験記
d0117634_2062875.jpg
こんにちは。ゴールデンウィークのフィットネスセッションも終わり、季節も何となく春から梅雨にさしかかりつつある気配。毎年この時期になると、夏支度を始めるわたくしですが、今年はまた最強の環境が整いました。

今年の夏カラダづくりをお願いするのは本橋恵美トレーナー。ミス日本のパーソナルトレーナーもされているお方。先日NESTAプレゼンツのパネルディスカッションで紅一点のパネリストとして初めてお話を伺ったのですが、ソフトながら、はっきりした語り口に何とも言えない魅力を感じたのでした。今は新規のお客さんの受付はストップしているとセミナー中あれだけ言っていたのに、ダメモトで個人的なお願いをしてムリムリ承諾をいただきました。

というわけで特別枠でおとといからパーソナルセッションスタート。カウンセリングも見事でした。特にうまいなぁ、と思うのは自分で考えさせるところ。私にとってダイエットの最大のネックはお酒なのですが、それについては「自分でできそうなこと見つけてこんど教えてくださいね」とサラリ。あぃたたた、と一番痛いところをつかれました。私にとってはお酒は聖域にしておきたいのに、自分で決めて宣言しなきゃいけないとは・・・。ただこうなると、とても自分を振り返ることに気づきました。お酒はやめられないけど、今のままじゃカラダはそうそう変えられない。でもこのままのカラダじゃやばいのは事実だから、何かしなければ・・・。ということで、日々お酒を飲みながらぐるぐると考えていますが、何とか次回までに答えを出したいと思います。

とはいえ、エクササイズ系の宿題は今2日目ですが、がんばっています。忙しくなるとエクササイズを後回しにしがちな私の場合、いかに宿題がきっちりできるかが課題。叱咤激励いただきながら、70日間で5kg減。目標達成に向けてがんばります!
[PR]
by fitnessbusiness | 2008-05-12 19:50 | プログラム体験記

ピラティス初め

昨日はとても頭をつかったので、今日は身体をつかって気分転換。

昨年から始めたピラティス。今や私の1週間になくてはならないものになっています。
フィットネス業界の編集業という仕事がら、取材の一環で身体の診断をやっていただく機会も多いのですが、最近増えている姿勢診断で、よく言われるのが「けっこう身体歪んでますねぇ」というもの。右肩が下がり、その肩が後ろにねじられるような感じになっているのだそうです。そのせいか、いつも左肩から背中が凝ったり、長時間ジョギングをすると、左ひざが痛くなる。これがピラティスをやると、週に1回身体があるべき状態に戻るので、気分もスッキリ、姿勢がまっすぐになって背が高くなる感覚があります。

今日はお正月をはさんで約2週間ぶりだったので、はじめはかなりゆがんでいたみたい。1時間のパーソナルセッションで、ばっちりまっすぐになりました。本当は、もう少し頻度を高めて普段の身体の使い方のくせも直したいところ。Yaeさん、今年もよろしくお願いします。
[PR]
by fitnessbusiness | 2008-01-12 17:44 | プログラム体験記

バレエ

昨日、エクササイズ納めに家の近くのティップネスに行ってきました。
年末の欧州ツアーから立て続けにあった忘年会で、かなりヤバイ感じがしていたので、おそるおそるインボディの測定エリアへ。と、インボディーが新しくなっていて、内臓脂肪も測定できるようになったとか。測定中の数値の動きも前のと違うので結果が出るまでハラハラしましたが、何とか22%台をキープ。ほっ。

ひさびさのトレーニングでやる順序を間違え、レッグプレスをやってから、ウォーミングアップをしていると、バレエレッスンのアナウンスが。マシントレーニング嫌いな私は、そそくさとスタジオに。ソフトな色のレオタードに身を包んだ女性たちの間に、レンタルウェアに裸足といういでたちの私は、ちょっと浮いていましたが、バレエは大学時代以来。昔とった杵柄で、張り切ってバーレッスンに参加しました。

動いてみると、何だか以前と違うことを発見。しばらくやっていないから・・・と思っていたのが、実はピラティスを続けていたことから以前よりむしろ身体の使い方をきちんと意識できるのです。ちょっと感動。それから楽しい。そういえば、小学生の頃、バレエがやりたくて、やりたくて、お母さんに1年頼み込んでようやく習わせて貰ったことも思い出しました。

来年は、バレエで脂肪率20%を切りたいと思います。
[PR]
by fitnessbusiness | 2007-12-31 16:28 | プログラム体験記

ついに、Nia体験

d0117634_21225374.jpg
 昨日はアスリエさんのコンベンションに参加させていただき、念願のNiaを体験してきました。以前から、アメリカのフィットネス業界で話題になっていたので、渡米の機会があるたんびに受けたい受けたいと思いながら、なかなか受ける機会に恵まれず。ようやく念願がかないました。昨日のインストラクターはYUKIさん(写真)。貴重な数少ない日本人Niaインストラクターの一人。ソフトな語り口とこの表情に乗せられて、私たち参加者もいつの間にか伸び伸び自由に動いていたのでした。

 NiaはNeuromusxular Integrative Actionの頭文字をとっているとのこと。ニューロ(神経)、マスキュラー(筋肉)、インテグレイティブ(統合する)、アクション(動き)。確かに、クラスでの動きの指示は、足を踏み出す、身体を揺らす、大きく動く、といったとても感覚的なもので、あとは自分のイメージで動いていく。伸びる動きと、力を抜く動き、力を入れる動きなどが上手に組み合わされて、自然に身体がほぐれていくんです。
 あまり動きが規定されない分、始めはどう動こうか考えてしまったり、何となく大きく動くのが恥ずかしい感じがしていたのですが、身体がほぐれるのに合わせて、参加者のみなさんも自由に動き始めて、それにつられて自分もだんたんと力みのようなものがなくなって、そのうち心も開放的になって、後半は、ただ動きたいように身体を動かしているような感じ。不思議な心地良さを味わいました。

 ピラティスやYAMUNAは関節の間に適切な隙間と取り戻すことで、自然で正しい姿勢や健やかな身体を取り戻すことができますが、Niaにも似た効果を感じました。身体や心のカタマリを解放することで本来の状態を取り戻す、とても興味深いプログラムでした。
[PR]
by fitnessbusiness | 2007-08-06 21:22 | プログラム体験記
d0117634_23384057.jpg

今朝、イタリアから戻りました。

今回は、5月2日~6日にかけてフィレンツェで開催されているFestival Del Fitnessというイベントへの参加と、フィレンツェとミラノのクラブ視察を含む、プチ視察研修ツアー。
中でも、興味深かったのがイタリアのエアロビクス事情。

最近、アメリカがマインド&ボディ系のプログラムにかなり偏り、エアロビクスはもうなくなったというのはよく報告されていることですが、その分エアロビクスやステップについては欧州に関心を向けている日本のインストラクターの方も多い。そこで、私もぜひ一度この目で見てみたいと思っていました。

イベント会場で、まずは様子見。ハタから見ていると、本当に難しいです。くるくる回るし、ステップもかなりダンサブル。一緒に行った井上さんも、現地でプレゼンターとして呼ばれていた竹ヶ原さんも、「クラスの組み立てが上手い!」と絶賛するので、それなら私が実験台に、とエアロビクスのクラスに参加しました。ジルさんというイタリアでも有名なインストラクターさんのクラス。

結局、最後まで完璧に動くことはできなかったのですが、確かに一見かなり難しい動きが、始めからついていくと、もう少しのところでできるところまで行けました。この「もう少し」というところがリピーターをつくるのでしょう。

イタリアではステップもエアロビクスも、エクササイズというよりダンスの要素がかなり強いです。インストラクターも、参加者も、ヒップホップに近い服装で、手の動きはほとんどなく、足のステップを楽しむ内容。シンプルな動きから、動きを編み上げていくように、巧みに完成形へと近づけていきます。

イタリアと日本は、食事に対する感覚の細やかさや、工芸品なんかがたくさんあるところも共通していて。お互い器用なのでしょう。ステップやエアロビクスも一つの文化工芸品のようになっていくような感覚を覚えました。
d0117634_23483068.jpg

[PR]
by fitnessbusiness | 2007-05-07 23:20 | プログラム体験記