フィットネスインストラクター・トレーナーのキャリアマガジンNEXT編集長  岩井智子の日記


by fitnessbusiness
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

d0117634_20391535.jpg

こんばんは。夏じたくを始めて2ヶ月。1ヶ月を過ぎた頃から、身体が変わってきたなというのを実感してはいたのですが、鬼門だった米国出張も無事ふんばり、きちんと生活習慣守り続けられているので、そろそろ数値で成果を見てみようと、インボディ測定をしてみました。

するとビックリ。体脂肪が19%にまで落ちていた!右上の棒グラフのかわりよう。すごくないですか!? 筋量はそのままで脂肪だけが落ちて、3本の端を結ぶ線がななめの「筋肉質体型」から、逆くの字の「太りにくい理想の体」に見事に変わっているのが分かります。(上の赤い線が今回の測定結果。上から、体重、骨格筋量、脂肪量の順)

ですが、今回はまったくストレス感がなくここまで来れているのです。お酒も毎晩同じくらい飲んでますし、アメリカでも毎日ステーキ食べたし、お昼の定食はごはんもきちんと食べる。エクササイズもキツイと思うことはほとんどなく、1日1万歩歩いて、プッシュアップをできる回数したり、週代わりのプローンをしたり。あとは、パーソナルでついていただくときにするピラティスか。ま、ピラティスはきついですが、ハードなウェイトトレーニングに比べると、ピラティスのほうが好きなので頑張れる。あと、こっそり加圧再開したのも効いてるかも。

当初目標にしてた70日で5kgまで、あと10日。体重3kgが残っていますが、体型と体脂肪率が変わったのが何よりのモチベーション。できるところまで頑張ろうと思います。梅雨明けまでにノースリーブが着たい!と思って始めたシェイプアップ。実現できそうな気配です。本橋トレーナー、伊達先生に感謝、感謝。きちんと達成できた暁にはその姿を披露したいと思います。
[PR]
by fitnessbusiness | 2008-07-17 20:38 | プログラム体験記
に参加してきました。週明けNEXTの入稿があるので、一足先にラスベガスを後にして、只今ロサンジェルスの空港で久々のブログ更新です。

 今回私は、プレコンベンションから参加。プレコンベンションはフィットネスディレクター向けのセッションでしたが、「どのように全体のフィットネスプログラムの価値を高めるか」「限られた予算の中で、新しいプログラムやエクイップメントを導入する方法」「パーソナルトレーニングのビジネスモデル」といったセミナーがあり、運営面のトレンドを垣間見ることができました。

 アメリカでは、フィットネスの参加率が15%を超え、フィットネスクラブも競合が激しくなり、業態の多様化が進んできました。そしてここにきて、プログラムでの差別化も本格的に始まっています。そのひとつの例が小規模のジム・スタジオタイプのジムで、プログラムのクオリティを高めた「ブティッククラブ」と呼ばれるもの。ここでは、「ハイブリッドプロフェッショナル」と呼ばれる、グループの指導もパーソナルの指導もできる人が活躍しています。クラブの収益としては会費収入が主なので、このハイブリッドプロフェッショナルは、その会員維持に有効なグループエクササイズも担当しながら、パーソナル指導で会費外収入も高められる。本人も、グループエクササイズとパーソナルを両方担当することで、自身の収入を効率的効果的に高められるわけです。こうしたプロフェッショナルは知識や指導技術も高いので、グループレッスンもパーソナルレッスンも高いクオリティが提供できて、クラブは会費もパーソナル指導料も高く設定ができることになる。こうしてクラブもプロフェッショナルもメンバーもハッピーなブティッククラブができると。

 プレコンベンションで感じたのは、米国のインストラクターはどうしたら自らのフィーや地位を高められるかを考えて、自分たちで環境をつくろうとしていること。そのために市場にはどんなニーズがあるのか、経営者は何を考えているのか、といったことを考えながら自らのアプローチを考え、実践しています。とても逞しいなと思いました。
 反対に何も考えずに仕事をしている人を指す「ホビーインストラクター」という言葉もあるようです。日本でもインストラクター・トレーナーの域を超える「プロフェッショナル」が一人でも多く誕生することに、NEXTができることを考えて実行していきたいと思います。
[PR]
by fitnessbusiness | 2008-07-12 04:28 | 取材日記