フィットネスインストラクター・トレーナーのキャリアマガジンNEXT編集長  岩井智子の日記


by fitnessbusiness
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

出会い

d0117634_20285396.jpg
今日は『フィットネスビジネス』入稿日、明日は『NEXT』入稿日。仕上がったデータをCDに焼いている合間を見てのブログです。

先日IDEAでご一緒した方々から、写真をいただいたいり、連絡をいただいたりして、ほんの数日でしたが、楽しかったひと時が思い出されます。
フィットネスビジネスで主催しているツアーもそうですが、海外視察ツアーの良さは、視察先で多くのことが学べることはもちろんですが、ツアーで一緒になる方々との出会い。ツアー中、業界のことや仕事のこと、その他いろいろなことが話せて、問題意識も似ているのでとても刺激になります。特に海外ツアーは忙しい中でも、時間とお金を遣って来る方々。みんなとても意識が高くて、視点が鋭い。私はお酒が好きなこともありますが、ツアー中毎晩こうしてみなさんと語らう時間が大好きです。

今回NEXTの読者プレゼントで見事当選された竹田さんも、IDEAコンベンションでいい出会いがあったようで、とても楽しそうにセッションやイベントに参加されていました。9月号のNEXTでレポートをお願いしていますので、お楽しみに。

上の写真はサンディエゴマリオットホテルのロビーのバーにて。
左:左後ろからジャイロにも詳しい海老原さん、大変お世話になったJAFAの財満さん、JAFA理事長の鶴見さん、左前からヨガの権威山田さん、AFAAで活躍するバレリーナ豊田さんと岩井。
右:インストラクターとしての夢を持つ竹田さんと大和屋さん

下の写真はJAFAツアー東京出発組。成田で3時間、サンフランシスコで4時間待ちの末、ようやく到着したところ。いろいろあって団結が深まりました。
d0117634_18593926.jpg

[PR]
# by fitnessbusiness | 2007-07-17 20:28 | 取材日記
d0117634_21415553.jpg
IDEAでは毎年、業界に貢献度の高いインストラクターやトレーナーを表彰していますが、今回プログラムディレクター・オブ・ジ・イヤーに輝いたリサ・ドラックスマンさんは、お母さんと子どもが一緒に楽しめるプログラム「ストローラーストライド」が評価されての受賞。このプログラムは、子どもを育てながら働く女性ならではの発想から生まれたもの。子どもといつも一緒にいたい、でも仕事も、エクササイズも楽しみたい。その気持ちに共感する人が全米に広がって、今や米国で最も多くのママたちが参加するプログラムになっています。

今年IDEAライフタイムアチーブメントアワードを受賞したのは、元ライフフィットネス社のCEOのオーギー・ニエトー氏。19歳で会社を立ち上げ、ライフサイクルをはじめ多くのフィットネス機器を世に出して世界最大手のマシンメーカーを創り上げた成功者。フィットネス業界で多くの人の健康に貢献した彼が、皮肉にも2005年3月、ALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断されてしまいます。ですが、ニエトー氏は前向きにその状況に立ち向かって、オーギーズクエストという基金を設立、既に7億円以上の資金を集めて、ALSの研究の助成などをしています。先日IDEAのアワード授賞式でも、車椅子で登場され、ゆっくりとしか話しができない状況でも、手足が使えなくなったからこそいい体験ができるエピソードをおもしろおかしく話してくれて、会場の涙と笑いを誘っていました。

一見逆境に思える状況を前向きに捉えて行動したからこそ、さらに多くの人に影響や感動を与えられる。とても刺激を受けたアワード授賞式でした。
[PR]
# by fitnessbusiness | 2007-07-10 21:39 | 取材日記
d0117634_11513541.jpg
今年25周年を迎えるIDEAワールドコンベンションが昨日から始まりました。
私はプレコンベンションと、昨日1日だけの参加で、次号NEXT入稿のため日本にトンボ返り。今サンディエゴの空港にいます。

今回もやはりピラティスやジャイロ、スピニングやパーソナルトレーニングのセッションが多い中、ステップのクラスもかなり人気がある印象がありました。ヨガは各種フュージョンプログラムの要素として溶け込んだ感じがあって、「ヨガ」そのもののクラスは思ったより少ない印象です。

昨日の見ものとしては、先日まで日本にいた、ビリーさん自らレッスンするタエボー。アメリカでもまだ人気のようで、あの調子で「グッジョブ」「カウントイット」を連発、レッスン終了時にはみんなを集めて「ビクトリー」とやるかと思いきや、「君たちはインストラクターだろ」「運動の継続をさまたげるものは何だと思う?」と親身なお説教のようなシーンがあり、多くの人の心を掴むレッスンを体験することができました。

あと私が受けたクラスでおもしろかったのは、Yo-Chi-Ballというフュージョンプログラムで、ボールを使ってヨガと太極拳とピラティスができるクラスなのですが、太極拳の動きでは両手の間にある気をボールに変えて動いたり、ヨガやピラティスでの難しいポーズや動きをボールで上手くサポートしたりと、とてもよく考えられているプログラムでした。多くのプログラムを提供してきたフィットネスプロフェッショナルならではのクラスでした。

全体的に目新しいプログラムやツールはなく、既存のプログラムをオリジナリティを活かしながら再編集、再構築するようなクラスが多い印象です。米国インストラクターの方々の興味が、屋外のプログラムや子供のプログラムに向かっている印象もありました。
d0117634_11515653.jpg

[PR]
# by fitnessbusiness | 2007-07-08 00:05 | 取材日記

遅ればせながらHFJ報告

d0117634_18352057.jpg


6月12日~14日に開催されたHFJ2007、今回は約18,000人の方が来場したとのことでした。

 私が司会を担当しました「フィットネスプログラムの現状と課題」では、綿密な打ち合わせをしていたにも関わらず、私自身とても勉強になりました。
 アスリエの高田さんは、トレンドの考え方や、欧米と日本のクラブのトレンドの違いなどをとても分かりやすく解説してくださり、特に印象的だったのは、プログラムを投入するときに、そのライフサイクルを予め予測して、投入したプログラムをはずすところまで考えてから投入すべきという話。
 また、ティップネスの上野さんが話していた「ジェントロジー」の考え方もなるほど、と思いました。アンチエイジングが加齢に抵抗して若くありたいという考え方なのに対して、ジェントロジーは、楽しく生き生きと歳を重ねましょうという考え方。40歳を目の前にしている私にとっては、わらにもすがって、おばさん化するのを避けたいという「アンチエイジング」のほうがぴったりきますが、もう少しすると、ジェントロジーの境地に入れるのかも。
 ルネサンスの望月さんは、いつもながらプロフェッショナルプレゼンターという感じで、とても刺激を受けました。

プログラムは、投資に対しての効果や、見るべき指標が明確になっていないところに課題が残ります。プログラムがクラブ経営にとって重要なのは、みんなが何となく思っていることなのに、経営課題や投資の順番としては、後回しにされがち。でも、これから、この辺りのこともフレームワークが確立されていくに違いありません。これからはプログラムの時代、インストラクター・トレーナーの時代ですから。
[PR]
# by fitnessbusiness | 2007-06-23 18:51 | 取材日記
こんにちは。NEXT編集長の岩井です。

来週は12日(火)から3日間、東京ビッグサイトでHFJ2007が開催されます。年に1度全国からフィットネスクラブの経営・運営に携わる方々が集まるこの3日間。今回は、12日(火)にFIA主催のパネルディスカッションで司会を仰せつかっていますが、120名定員のところ既に160名のお申し込みをいただいているとのこと。今回のテーマ「フィットネスプログラムの現状と課題」のパネリストで、NEXTでもおなじみのルネサンスの望月さん、ティップネスの上野さん、文教センターの高田さんは、それぞれのお立場やご経験からプログラムに対する考えをしっかりお持ちの方々。先週打ち合わせをしたのですが、気づくと2時間以上もディスカッション。当日は1時間半という限られた時間ですが、できるだけ濃厚な時間にできるよう、司会もがんばります。

そして17日(日)は大阪ヒルトンホテルでFIT VITシンポジウムが開催されます。業界でも初の試みであるこのイベント。「自分を磨く~コンピテンシーという考え方」という基調講演が楽しみ。次のパネルディスカッションではパネリストとしてお招きいただいているのですが、パネリストは初めてなので、恐らく慣れないしゃべりになるかと思いますが、何卒ご了承を。パネリスト仲間のみなさんが個性豊かなので、負けないようにがんばります。お申し込みはこちらから。

会場にお越しの際は、ぜひ声をかけていただければと思います。HFJでは小さいブースも出しています。「フィットネスビジネス」または「株式会社クラブビジネスジャパン」のブースを探してください。数少なくなったバックナンバーもご用意してお待ちしています!
[PR]
# by fitnessbusiness | 2007-06-05 21:02 | 取材日記