「ほっ」と。キャンペーン

フィットネスインストラクター・トレーナーのキャリアマガジンNEXT編集長  岩井智子の日記


by fitnessbusiness
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

東京マラソン

今回はいい天気でしたね。出場されたみなさん、結果はどうだったかな。
私は残念ながら今回は抽選にもれ出場できませんでしたが、また来年応募してみようと思います。明日はみんなからの結果報告が楽しみです。

さて、2月に入り、ブログの更新頻度が極度に減って反省しています。こういう忙しいときほど、いろいろな方にお会いして、いろいろ学ぶのでブログに書きたいことも多いのですが、どんどん時間が過ぎていき・・・。その分3月からのNEXTでは、しっかり最新情報お届けしていきたいと思います。いやぁ、ホント最近取材をすればするほど、フィットネスの仕事っておもしろくて、いろいろなところで必要とされていて、千載一遇のチャンスという感じ。ただ、期待されている今、それにしっかり応えていくことが必要で、勉強しなくちゃ、私ができることは、と身が引き締まります。

3月からのNEXTで、できる限り分かりやすく、新しい動きを紹介していきたいと思います。
[PR]
# by fitnessbusiness | 2008-02-17 17:47 | 取材日記

チューリップ

2月に入って、いよいよ忙しさが増してきました。
会社では、経理の仕事からこの春からの新しい事業の企画や手配まで、編集業としては3誌の取材・執筆に加えて、今は月刊化するNEXTのリニューアル企画をまとめ中。最近は営業にかける時間も多くなり、さらには3月にIHRSAの視察ツアーを企画しているので、その手配などなど。そのせいか、最近少し早口になってきているような。言動もサバサバ感増大しているような。

と、これではいけないと取材の帰りに花屋さんに立ち寄り、チューリップを買いました。花屋さんはすっかり春ですねぇ。そして、なぜかお花屋さんで働いている方は、決まってかわいらしくて、物腰がやわらかくて。心がほぐれます。

今週末は3連休。自分のペースを取り戻したいと思います。
[PR]
# by fitnessbusiness | 2008-02-08 21:35 | 取材日記

大雪の思い出

すごい雪ですね。辺り一面真っ白です。

大雪で思い出すのは、高校のとき。バレー部の春合宿中。あのときは4月に入っていたにも関わらず、すごい雪。当時高校の合宿所にはお風呂がなく、近くのお風呂屋さんに行くのですが、練習で疲れていたにも関わらず、みんなではしゃぎながらお風呂屋さんへ。ちょっと長湯をしていたら帰りにはすっかり積もっていて合宿所に戻るまでかなり時間がかかり・・身体がすっかり冷えてしまっていたのを思い出します。

数年に何回しかない出来事は、忘れかけていたことを思い出させてくれておもしろいですね。
雪が降ると、春が来るなぁと感じるのはこの思い出が私の潜在意識の中にあるからかも。
春の大会に向けて、頑張ろう、みたいな。元気を与えてくれる東京の大雪です。
[PR]
# by fitnessbusiness | 2008-02-03 13:47 | おもうこと
d0117634_19101437.jpg
こんばんは。最近ブログの内容が堅苦しくなりがちなので、スキンを少しソフトにしてみました。いかがでしょう。

さて、昨日は2つ発見がありました。

一つはベンチプレスの効かせ方が少し分かったこと。毎週木曜日は早朝パーソナルトレーニングを受けているのですが、実はこれまでベンチプレスの効かせ方が分かっておらず、どうも胸に効く前に腕が疲れている気がずっとしていたのです。担当してくださっている清永トレーナーに相談したところ、肩から背中にかけての筋肉が一部動きずらいところがあり、その部分が動かないことで、腕の軌道が既定されて、どうしても腕に効いてしまう動きになっていたようです。前回肩周りをかなり時間をかけて、小さな筋肉を動かさせてくださり、そのあとで再びベンチプレスをしたところ、「これか」という感じがあり、その感じで昨日はもう少し重い重さでも胸に効く感じを得ることができたのでした。

もう一つの発見は、ジャズの聞き方が少し分かったこと。当事務所もフィットネスビジネスの編集長がジャズ好きなこともあり、よくジャズが流れ、ライブも比較的行ってるほうなのですが、いまひとつジャズの本当の良さが分かっていないような気がしていて。いつもプレイヤーの人はどうやって息を合わせてるんだろう、と分析しながら聞いていたり。でも昨日は疲れていたこともあって、ジャズを「聞く」というより、「感じる」といったほうが近かったからかも。特に昨日はインプロビゼーション(即興演奏)がスゴかった。その掛け合いがおもしろいおもしろい。それぞれのプレイヤーの息づかいに、他の2人が合わせたり絡んでいく感じ。その場で繰り広げられる、二度とない瞬間がそこにあって。これがライブの醍醐味なんですね。(写真は、昨日のオン・ドラム大槻カルタ英宣!キレとパンチに惹き込まれました。超すてき!でした。彼の若さをぶつけるようにドラムをたたく姿を、ギターとベースのベテランプレイヤーのお二人が微笑ましく見ているその表情も印象的でした。)

普段やっていると思っていることでも、ある日「これか」、という瞬間があって、発見があり、そのことの本当の良さが分かる。とてもいい1日でした。

◎お店紹介
六本木サテンドール★★★★★
岡田さんのお誘いで、渡辺香津美氏のライブは2回目。ギターとは思えない音色にはいつも聞き惚れます。今回は遊び心存分の即興も楽しませていただきました。サテンドールはお料理も美味しい。最高の音楽と美味しいイタリアン、ワインで最高のひと時が過ごせます。
港区六本木4-11-5 Annexビル 4F 
Tel. 03-3401-3080
[PR]
# by fitnessbusiness | 2008-02-01 19:10 | おもうこと
この週末から週明けはかなり濃い時間を過ごさせていただきました。

まず、土曜日はちょっと仕事を抜け出して「ウェルス・マネジメント・エキスポ2008」というイベントに参加していました。このイベントは友人に誘われて参加したのですが、世界に名だたる投資家たちが、自分たちの投資哲学とか投資戦略のようなものを話してくれる貴重な機会でした。

日曜日は、大阪と岐阜に取材&打ち合わせ。この日に会った方々も、日本唯一といえる商品を世の中に出している方々。

そして今日は、東急スポーツシステムの山川社長の取材他、様々なスペシャルな方々との打ち合わせがありました。

分野はそれぞれ違えども、成功している人は、上手くどこかから自分の勇気を得て、ある時覚悟を決めてリスクを取る。そして、その時は必死なものの、一定の時間が過ぎて、信念が現実となって、それが次への勇気に導く・・・みたいな。そんなサイクルを感じます。

ウェルス・マネジメント・エキスポでとても印象に残っているのが、「大きな成功を手に入れるには、いかに(自分がマネジできる)リスクを最大化させるか」というフレーズ。他の人にとって大変なことでも、自分はそれほど気にしない、みたいなリスクを最大化すべき、というもの。やはりリスクがあるからこそ、リターンがある。リスクがとれるほど、大きな成功が待ってる。それなら、自分が楽しんでリスクがとれる分野や仕事を見つけるべき。いかに自分がマネジできるリスクを最大化させられるかが、成功のレベルを決定づける。それをいろいろな形で確認できた週末でした。
[PR]
# by fitnessbusiness | 2008-01-29 00:22 | おもうこと